能面 長澤重春能面集


カテゴリ:■能楽と能面( 1 )



■能楽と能面

 この度、我が国の伝統芸能である「能楽」が無形世界遺産の指定を受け名実共に世界の芸能として認知されました。
 もともと「能楽」は、南北朝時代の後期から室町時代にかけて「猿(申)楽」といわれた芸能一座の観阿弥、世阿弥親子二代によって完成されたといわれています。
 この猿楽は奈良時代に唐から庶民の散楽として渡来し五穀豊穣を祈る我が国古来の「田楽」と影響し合いながら「能楽」としての形を整えていったものと思われます。
 これら演能に際しては、古来、神事や仏事の舞楽に仮面の所作が行われたことを継承し、いつしか演能、能面が一体のものとして集大成されていったものと思われます。
 また能面の美しさは形式美にあるとされ、現在では主に室町時代から江戸時代中期に創作された「本面」を写すことに伝統的形式を踏襲することに重点がおかれます。
 今回は長澤流三代目能面師(面打ち師)長澤重春の作品をご紹介申し上げます。



追記 当ブログについて

 当ブログでは能面師(面打ち師)長澤重春の能面を紹介しています。
 画像サイズは230×320ピクセルです。(携帯電話用に縮小版しました。)
 携帯電話で画像を閲覧する場合は、サムネイル画像(ボタン)をクリックして元の画像を表示させて御覧ください。
 画像は色補正等の処理及び加工を行っていないため、原色と異なります。
 なお、このブログの画像・テキストの全ての権利は長澤重春が所有しています。
 画像・テキストの無断コピー及び無断転写を硬く禁じます。


 ブログ作成・管理者 長澤能面教室広報担当溝口
[PR]
by noh-mask | 2006-01-01 01:01 | ■能楽と能面

    
能面師 長澤重春の能面集・展示情報等
by noh-mask
カテゴリ
■お知らせ
■能楽と能面
■翁
■小面
■若女
■近江女
■孫次郎
■増女
■泥眼
■姥
■小町老女
■山姥
■般若
■十六
■蝉丸
■喝食
■童子
■猩々
■痩男
■小尉
■父尉
■天神
■橋姫
■生成
■釣眼
■長霊べし見
■大べし見
■雷
■作者紹介
■リンク
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧